不倫被害にあった人のための復讐サイト

不倫をしたあの人に復讐したい、そんな人におすすめの相手に復讐する方法を教えます。 - 不倫被害者のための制裁方法

不倫被害者のための制裁方法

不倫、という行為は社会的にも許されないことではありますが法的にも処罰を受けることです。
軽々しく、自分はバレないだろうなんて考えで手を出すのはあまりにも浅はかであり身の破滅を招く行為でもあります。
逆に、自分が不倫の被害にあってしまった場合はそれは泣き寝入りしたりしなくてもいいということでもあるわけですね。
然るべき手段を取り、そして然るべき場所や手続きを行う上で法的に相手に制裁を加えなおかつ離婚もすることができると判断される物なのです。
不倫をされてしまった、ということで怒りにまかせて配偶者やその不倫相手に対して暴力を振るって制裁を加えてしまったばっかりに離婚こそできたが傷害罪で訴えられ自分が刑事訴追を受けてしまうということになってしまっては自分だけがバカを見る羽目になってしまいますからね。
怒りにまかせて制裁を加えたくなる、という気持ちはよくわかりますがそうなっては損をするのは自分なのです。
不貞行為を働かれてしまった場合は、自分は被害者なのです。
それ以上自分が損をする必要もなければ傷つく必要もありません。
しかし、だからと言って相手を許せなんていう必要はありません。
復讐は何も生まないなんていうことを言いますが、制裁も加えずただ自分を裏切った人間を許せなんていうのはあまりにも当事者の気持ちを考えない無責任で残酷な綺麗ごとでしょう。
だから、合法かつ自分は損をせずに相手にだけ確実にダメージを与える方法で制裁、復讐を行ったほうが自分のためです。
そして、何よりこの国の法ではそう言った不貞行為に対する復讐を行うことができる状態が整っているのです。
自分が、いざ裏切られた立場になってしまった場合冷静に行動するというのは難しいかもしれません。
しかし、謂れのない罰を受けるようなことは自分にとっては損しかありませんからね。
そして、何より暴力による復讐なんて物は時間が過ぎれば傷も治ってしまいますしいずれは忘れ去られてしまう物でしょう。
そうなってしまっては、自分が結果的に損をして何も残らないなんてことになってしまいます。
しかし、法的な復讐はそうそう簡単に立ち直れるようなダメージでは済みません。
こういう言い方をすると、いろいろと誤解を招きかねないかもしれませんが敢えて誤解を恐れずに言うのだとしたら配偶者を裏切るなんていう最低最悪の行為をした人間には復讐をして然るべきなのです。
しかも、短絡的かつダメージの少ない暴力に訴えるなんていうようなやり方は自分が損をするだけですし何より生ぬるいです。
どうせ復讐をするなら、それこそ二度と相手が立ち上がれないくらいのダメージを与えてやりましょう。
相手をきっちりと不幸のどん底にたたき落とし、裏切りの被害にあった自分は悠々自適な第二の人生を歩む、これこそが最も信頼して愛していた人間が自分に対する裏切りを行った最高の復讐ではないでしょうか。
怒りや憎悪、というマイナスの感情に則った行為は世間的に見ればあまりいい印象を持たない物かもしれません。
しかし、当事者からすれば怒りを忘れろなんていうのは無理な話なのです。
だからこそ、その怒りの向け方という物を考えるためにもこういう復讐のやり方のほうが自分は損をしなくて済みますし、何より暴力を振るうよりもよっぽど気が済むはずだという風に覚えておいてほしいのです。
裏切られた怒りに振り回されている人間に理性的かつ正論を口にしても耳にも心にも届きません。
だから、敢えて怒りに染まった人間に届くような言い方をしましょう。
自分を裏切った人間に暴力を振るうよりも法的な制裁を加えたほうがずっと相手に深く重たいダメージを与えることができます、と。

Copyright(C)2015 不倫被害にあった人のための復讐サイト All Rights Reserved.